ABOUT

副久GOSUは、青色の顔料「呉須(ごす)」と、 染め付け技法「濃み(だみ)」にとことんこだわり、 ひとつひとつ手づくりで製作した有田焼の器です。 江戸時代初期に、中国より有田にもたされたと考えられている"呉須"は、 素焼きの状態で染め付けるため、その青が色あせることはありません。 この呉須の色味にこだわってうつわ作りを続けてきた私たち副久製陶所は、 独自の5種の青色「副久GOSU* 1.0 – 5.0」に辿り着きました。 この「副久GOSU 1.0 – 5.0」を、呉須の伝統的染め付け技法"濃み"で染め付けます。 濃みは、大きな専用の濃み筆にたっぷりと呉須を含ませ、指先で滴り落ちる絵の具の量を調節しながら細かく塗ってゆく技法です。 技術と緊張感、そしてなにより大変根気のいる作業ですが、この技法によって染め付ける事で、 呉須が器の上でいきいきと花開きます。 手作業による絵つけと、季節や天候、湿度によって発色が変わるという呉須の特性のため、 同じものは2枚と作れませんが、この個体差をご了承いただくと共に、とっておきの青色をお楽しみいただければ幸いです。 ※副久GOSUは副久製陶所の登録商標です。